日本人ママ、アメリカ人ママに見た接し方の違い

Aloha〜!!

本日の担当は真本です!

ただいま、ハワイに子供達の

サマーキャンプ&プレゼン教室のリサーチに来ています。

だから・・・!?というわけではないですが、

今日は、日本人ママとアメリカ人ママの接し方の特徴

についてお話しします。

私が

プレゼン=伝える

ことを楽しく学ぶ場を作りたいと思ったのは、

2年間の海外生活での経験が一番大きかったんです。

最初にお断りしますが

タイトルに書かれている日本人ママ、アメリカ人ママというのは

イメージを持ちやすくする比喩として使用させていただいております。

以下も同様にこの表現をしようさせていただきますが、

**重要*

日本人ママだからこうだ

アメリカ人ママだからこうだ

ということはありません。

アメリカの学校に通い出し

最初に、感じていたのは

子供の宿題(子供はあんまり宿題と思ってない!ような楽しいやつ)

はやたらとOPINION(自身の考え)

を求めるものが多いということ。

娘はお陰で英語では結構な意見を言えるようになりました。

子供たちの学校にボランティアで行った時も

皆さん質問に対して「自分の答え」の後に「なぜなら(自分の考え/経験)」

って結構しっかり考えを述べるんですよね。

娘に日本語で同じようなことを聞くと

「○○だから悲しい」「嬉しい」

って一言で終了。

えー!その違いなんなん!!

って思ってましたが

それって単純に考えることを日々どれだけしているか!ってことと

それを表す語彙力と

伝え方を習っているから

なんですよね。

伝え方は、

状況別に実は学校で結構ハイレベルなものを教わってます。

考えることも

学校で色々な場面で入ってきています。

ですが!それがね、中々自分のものになっていないなぁって

私自身を振り返っても思うんですよね。

ふと公園で、学校で何気なく聞いていた

アメリカ人ママの声かけを聞いて

ナーールほどなって感じたことがあったんです。

アメリカ人ママ

お母さんの子供への接し方、声かけも

全然違うんです。

日本人ママが、

「そこは危ないから下に降りておいで!」

と高いところで遊んでいる子供に言っている横で

まず登りたい/登ってるのを認めて欲しい相手の主張を

「登りたいのーアハハー」って認めた上で

「そこ、あなたの3倍の高さはあるわね。」

「○○はどう思うの?」

「○○はどうしたい?」

「○○はどう考える?」

小さな頃から自分で考える。

伝えることを繰り返し育ってきているんですよね。

そんな接し方をされてるお母さんが多いんです。

きっとご自身もそうやって

親と社会の中で育ってきているので

自然にそういう接し方なんだなって思ったんです。

実はこの関わり方、

今日本でも少しずつ浸透してきている

コーチング的コミュニケーション

と言えるんですよね。

お母さんが教える立場でなく、

リードしながらも子供に学んでもらうスタイル

コーチング的コミュニケーションが子供になんでいいの!?

と言うお話はまた今度。

それでは〜!





日々の関わりでの失敗例や上手く行ったことからの学び

伝えることの大切さなどなど

日々お家で非認知力を磨くヒントを配信予定。

⬇︎⬇︎⬇︎LINE@ご登録ください!

友だち追加
最新情報をチェックしよう!

子育てコラムの最新記事8件

>キッズプレゼンテーションアカデミア

キッズプレゼンテーションアカデミア

北千里校  〒565-0874 大阪府吹田市古江台4丁目2 Dios北千里 1番館